弁理士?弁護士?

弁護士と弁理士、言葉はよく似ていますが、違います。似ているようで業務内容等に違いがあります。弁護士は法律事務を行う専門家です。個人や法人の法律に関係する相談に乗ったり、解決に動く、また訴訟となった場合、書類の作成、訴訟への準備等行います。最近は顧問弁護士の依頼も多く、法律に関する幅広い仕事を資格取得の上行っています。

特許や実用新案に関して動くこともありますので、弁理士に出来ることは弁護士にもできます。弁理士は知的財産権に関するプロです。特許、実用新案、商標などに関して申請の事務手続き、知的財産権についての仲裁事件の手続きなども行います。そうなると、弁理士と弁護士にはそれほど違いがないと考える方も多いのですが、弁護士は離婚の慰謝料問題や親権トラブルなどにも対応することができます

弁理士に関係する事といえば知的財産権について侵害訴訟があればその代理人となって活動する事が出来るなど、独占業務が多いのです。弁理士は特許や実用新案等に関して専門性のある知識を保有しているという事で、特許などを取得するための活動が主な活動となります。

お互いの利点を活かし、弁理士、弁護士双方がタッグを組み特許事務所を運営しているという所もあって、この場合、特許などに関して非常に強い力を発揮すると考えられます。