弁護士・弁理士がいる特許事務所

弁護士が行う特許事務所は弁理士と共に業務を行う事務所と、弁護士だけが在籍して特許侵害訴訟などの案件をこなす事務所に分かれます。弁理士と弁護士両方が存在する特許事務所は、弁理士が特許などの申請業務を行い、弁護士は知的財産に関する侵害などトラブルがあった場合に動きます。もちろん弁理士がいなくても申請などの仕事はできますが、特許などの専門的な知識を勉強してきている弁理士の方がより専門性をもって対応できるので、通常、弁護士はそれに対する訴訟等があった場合動きます。

特許事務所で特許権侵害訴訟などに動く弁護士は、特許訴訟に関する専門的な知識を持っています。弁理士が特許の申請等に強いのは資格試験の際に勉強しているからという事もありますが、弁理士の多くがバックグラウンドに理系の知識を持っているからともいえます。知的財産などに関しては理系に強いという事が非常に武器になります。

そのため、特許権侵害に対し訴訟等で動く弁護士も同じように理系に強い人の方がいいといわれています。アメリカなどは特許に関してかなり厳しいのですが、特許弁護士については、理系のバックグランドを求める事が非常に多いのです。弁理士と弁護士両方が在籍する特許事務所の場合、双方が力を合わせて訴訟に臨むため大変心強いですし、もちろん弁護士が行う特許事務所も、経験実績共に高く魅力的といえます。