専門性ある特許事務所へ

特許の知的財産といっても、細分化され様々な知財があります。特許事務所を営む弁護士の中にも、どの分野に精通してるか、専門性を持っていることも多いので、私的財産侵害訴訟などを考えている方は、どんな分野の知財に関して訴訟等をおこなうのか、それによって特許事務所を検討する必要があります。

知財には例えば、技術系、IT関連、著作権、商標、エンターテイメント関連などがあり、弁護士が訴訟をサポートする場合でも、どの分野の専門性を持っているのかという事を、確認してから依頼する方が安心です。こうした専門性はホームページなどから得ることができます。弁護士のこれまでの経歴や実績などを確認してみましょう。

最近はIT関連について著作権を争う訴訟も多くなっているので、IT関連と著作権に強い弁護士もいます。エンタメや商標などの訴訟は非常に専門性が高く、また経験と実績を持っていないと扱いきれないことも出てくるので、より一層、専門性と経験を持った特許事務所を選択しなければなりません。

特許に関してはかなり細分化されていて非常に難しい部分、複雑な部分も多いので、特許の知的財産に関する訴訟などを考慮する場合、経験があり実績も高く、専門的知識を負っている弁護士事務所を選ぶ方がいいでしょう。